タンスのみ 引越し

 

突然ですが、あなたは

 

  • タンスの中身は引越しのときに出したほうがいい?
  • 中身が入ったまま運んでもらうためにはどうすればいい?
  • タンスの中身を処分したいときはどうすればいい?

 

といった疑問を持っていませんか?

 

これらの悩みを、元引越し業者が、すべて解決します!

 

*タンス引越しの激安料金を調べたいなら、こちらの記事がおすすめです。

 

【元引越し屋が暴露】タンスのみ引越し料金が安い方法は?

 

タンスの中身は入れたままでも大丈夫?

 

洋服など中身を入れたままタンスを運んでもらえればその分だけ荷造りの手間を省くことができます。しかし注意しなければならないのは、すべての業者が中身入りの状態でタンスを運んでくれるとは限らないということです。

 

また同じ業者でも「このタンスは中身入りでも運べる」「このタンスは空でないと運べない」など、実際にタンスの大きさや重さ、材質などの条件によって対応が分かれます。

 

中身が入った状態でタンスを運搬するデメリット

空の状態に比べて中身が入った状態では、洋服などの重さの分だけ運搬中の振動など、タンスへの負担が大きくなります。そもそもタンスは基本的に運ぶことを前提に作られているものではないため、振動に弱いという弱点があります。そのためタンスの種類にもよりますが、中身が入った状態の引越しではタンスが傷みやすいというデメリットがあります。

 

引越し後、がたつきや歪みがあっても気にしないという場合は別ですが、大切なタンスや高価なタンスなどの引越しでは中身をカラにしておくことをおすすめします。

 

中身が入ったままタンスを運んでもらうためには

 

タンスの運搬については各業者に見積もりの段階で相談してみてください。
業者ではタンスの材質や重さ・状態だけでなく、輸送距離や作業条件(階数や間取りなど)の引越し内容も踏まえて、中身が入った状態でのタンス運搬が可能かどうかを判断してくれます。

 

業者としてもタンスが傷みやすい状況での運搬は推奨していないため、中身入りで運べない場合ではどうやって荷造りをすればいいのかなど、代替方法を案内してくれることもあります。

 

中身入りのタンスを運んで業者を探す際には一括見積もりサービスなどが便利です。見積もり比較で料金を安く抑えるだけでなく、細かい希望条件に合致する業者を同時に探すこともできます。

 

おすすめ一括見積もりサイト

 

タンスの荷造り方法

中身入りのタンスは自己流で梱包するとタンスへのダメージを余計に増やすことにもなってしまいます。
また作業上の都合などもあるため、どう梱包すれば良いかは業者に相談してみると良いでしょう。

 

ここでは中身入りで運んでもらえないタンスについて、タンス本体と中身の梱包方法を解説します。

 

タンス本体の梱包

引き出しが飛び出さないように固定することが基本です。
丈夫なひもで強く縛って固定するといいでしょう。粘着力の強いガムテープで固定してしまうと剥がすときに塗装も一緒に剥がれてしまうため、テープを使って引き出しを固定する場合は養生テープなど、粘着力が弱く跡が残らない梱包用のものを使いましょう。

 

また鍵の付いている引き出しは必ず鍵を開けた状態で引き出しを固定してください。タンスの錠は非常に脆いため運搬時の振動で簡単に壊れてしまいます。鍵を閉めた状態で壊れてしまうと修理が非常に大変なうえ、最悪の場合引き出しを壊さなければならない状態になってしまう可能性もあります。

 

洋服などタンスの中身の梱包

中の衣類については他の荷物と同じようにダンボールにしまうというやり方で大丈夫です。
このときタンスの引き出し一つの中身をダンボール一箱ごとにまとめると、荷解きが非常にやりやすくなります。

 

タンスがいくつもある場合は、ダンボールに「どのタンスの何段目の中身なのか」を書いておくことをおすすめします。

 

洋服などタンスの中身を処分したいときは

 

引越しに際してタンスの中の衣類を処分するためにはいくつかの方法があります。

 

引越し業者の不用品回収サービス

有料か無料かは業者によって異なりますが、引越し作業を依頼した業者に不用品の回収もしてもらえる場合があります。中身の衣類だけでなくタンス本体を処分したい場合にも使える方法です。不用品回収をしてもらえるかは見積もりの段階で問い合わせておくといいでしょう。

 

リサイクルショップ

服の量が比較的少ない場合は直接店頭に持ち込み、自分で持っていけないほど多い場合はリサイクルショップの出張買取りを利用することもできます。

 

衣類は価値の変動が激しいため、よほどのブランド品であっても状態が悪ければ値段がつかないこともあります。値段がつかない衣類についてはリサイクルショップが無料で引き取ってくれることもあるため、買取依頼をする前に確認してみてください。

 

ゴミとして処分

衣類は可燃ゴミとして処分できます。ただし自治体によっては衣類の処分について特別なルールが定められている場合があるため、ゴミとしての処分方法は各自治体の規定に従ってください。

 

まとめ

小型のタンスや比較的近距離の引越しでは、タンスの中身が入ったままでも運んでくれることがあります。しかし高価なタンス、大切なタンスは空にしておくことを強くおすすめします。対応は業者によって変わるため、まずは見積もり時に問い合わせてみましょう。