タンスのみ 引越し

 

突然ですが、あなたは

 

  • 桐タンスの引越しはどうすればいい?
  • 桐タンスの引越し料金の相場は?
  • 荷造りの仕方や注意点は?

 

といった疑問を持っていませんか?

 

これらの悩みを、元引越し業者のが、すべて解決します!

*タンス引越しの激安料金を調べたいなら、こちらの記事がおすすめです。

 

【元引越し屋が暴露】タンスのみ引越し料金が安い方法は?

桐タンスの引越しは要注意

 

家具の中でも高級な桐タンス(桐箪笥)の引越しには特別な注意が必要です。

 

桐タンスの素材である桐は、湿気を通さず見た目も美しいことからタンスなどの家具の材料として古くから用いられてきました。しかしその反面、桐には汚れや水分に弱くキズが付きやすいという弱点があり、修理も非常に高額になってしまいます。

 

引越し作業は桐タンスにとって非常に大きな負担となり取り扱いも難しいため、桐タンスの運搬料金は他の家具より割高になる傾向にあります。しかし高級な家具であることを考慮すれば、多少のコストを掛けたとしても熟練した業者に運搬を任せるのが賢明であると言えるでしょう。

 

桐タンスの扱いに慣れている業者の中には、桐タンス専門の運搬サービスを別に用意しているところもあります。このような業者は桐タンスの運搬に熟練した作業員が作業にあたるため、汚れや破損などの事故が起こりにくいというメリットがあります。

 

桐タンス専門のプランがない業者にも引越しの依頼をすることはできますが、桐製品の扱いに慣れていないスタッフが作業を行うことも多いため、料金が安くてもリスクのほうが大きいと言えます。

 

 

このように桐タンスは扱いが非常に難しいため、梱包を含めたすべての引越し作業を業者に任せましょう。専門のサービスがある業者に依頼する場合は、当日までにどんな準備が必要かを見積もり時などに聞いておくといいでしょう。

 

 

桐タンスの引越し料金相場

 

ここでは目安として東京〜長野間(約250km)の長距離での桐タンスの引越し料金相場をご紹介します。
なお桐タンスのサイズは縦+横+高さの合計が301cm〜350cmと仮定しています、

 

料金相場:10,700円〜28,600円
(データ参考「家具の移動・運搬の料金相場が分かる」

 

これに加えて分解・組み立てや吊り下げ作業が必要な場合は、それぞれ数千円程度の追加料金が発生します。

 

なお桐タンスの運搬に対応している業者であれば値引き交渉を行うことも可能ですが、あくまで家具の一つとして桐タンスも対応する業者では値引きがしにくいという傾向があります。また桐タンスの運搬を専門に用意している引越し業者の数は地域によって異なるため、事前に引っ越し前後の地域で桐タンスの運搬を別枠のサービスとして用意している業者を探しておくといいでしょう。

 

通常であれば引越し料金は可能な限り安いほうがいいのですが、桐タンスに限っては安さよりも業者の信頼性を重視したほうが良いと言えます。

 

桐タンスの運搬はなぜ高い?

桐タンスは取り扱いが難しいことから、熟練のスタッフが作業をする上での人件費や、汚れを防ぐためにすべての梱包材を新品・使い捨てのものにするコストなど、通常の家具に比べて作業のコストが高くなってしまいます。

 

そのためどうしても割高になってしまうというわけです。
逆にここまでしなければ桐タンスを安全に運ぶのは難しということでもあるため、見積もり時に料金の内訳がどうなっているかを確認することで業者を選ぶ材料にすることもできます。

 

桐タンスの荷造り方法と注意点

 

引越し準備は業者の指示に従う

桐タンスは基本的に中身を空にした状態でなければ運ぶことができません。これは運搬中の破損を避けるためのものです。引越しの準備では、ひとまず桐タンスの中身をすべて出しておきましょう。

 

その後の梱包等については自己判断で行わず、業者にやることなどを相談してください。

 

自分で扱う場合は手袋をはめて行う

業者が桐タンスについて知識を持っていない場合など、自分である程度の作業を行わなければならないときには、かならず手袋をはめた上で作業をしましょう。汚れやシミを避けるため、新品の軍手など木綿の手袋を使ってください。

 

まとめ

桐タンスの引越しは桐製品の扱いに特化したプランを用意している業者に依頼するのが一番安全な方法です。業者を選ぶ際には一括見積もりサービスなどを利用し、桐タンスの運搬という条件に合致する業者を探してみてください。