タンスのみ 引越し

 

突然ですが、あなたは

 

  • プラスチックのタンスや衣装ケースの引越方法が知りたい
  • 中身は入れたままでもいいの?
  • プラスチックのタンス・衣装ケースの荷造り方法が知りたい

 

といった疑問を持っていませんか?

 

これらの悩みを、元引越し業者が、すべて解決します!

*タンス引越しの激安料金を調べたいなら、こちらの記事がおすすめです。

 

【元引越し屋が暴露】タンスのみ引越し料金が安い方法は?

プラスチックのタンスの引越方法

 

一家にひとつはあるプラスチック製のタンスや衣装ケース。
タンスやケース自体の重さは中身が入っていたとしても、大人であれば一人でも運べるようなものです。したがって基本的には引き出しが飛び出さないように固定しておけば、特に問題なく引越しを行うことができます。

 

引越しの時タンスの中身はどうする?

 

タンスの引越しのとき、タンスの中の衣類などは抜いて空にしておくべきなのでしょうか?
これはタンスの種類や引越し業者の対応によって異なります。

 

一般的にプラスチック製のタンスや衣装ケースは、たとえ中身がいっぱいに入っていても問題なく運べる重さであることが多いため、ほとんどの引越し業者では中身が入ったまま引越し作業を行ってくれます。ただし中身が衣類ではなく本やCDなどの場合は、タンス(ケース)・中身双方の破損を防ぐためにあらかじめ中身を出しておくことをおすすめします。

 

中身を出す場合は引き出し一つにつきダンボールを一個用意するなど、荷解きの際に「どこのタンスのどの引き出しの中身か」がすぐ分かるようにしておきましょう。

 

 

注意が必要なのは、木製などタンス自体にそれなりの重量があるもの。
タンスというよりも収納ケースとしての意味合いが強いプラスチック製タンスや衣装ケースと異なり、木製のしっかりとしたタンスは移動することを前提に作られていません。家具として置いて使う分には丈夫なのですが、引越しに伴う運搬での振動や衝撃には非常に弱いという弱点を持っています。

 

引越し業者ではタンスの運搬においては、まずどのような材質や大きさのタンスかを依頼者に確認したうえ、中身を空にするべきか、それともそのまま運んで大丈夫かを判断してくれます。

 

プラスチック製のタンスであっても、クローゼット全体をカバーするような大型のものは、運搬による負担からタンスを守るために中身を空にする必要がある場合があります。

 

見積もりの段階でタンスの詳細について業者に伝え、指示を仰ぐといいでしょう。

 

プラスチック製タンスの荷造り方法

 

プラスチックや木材などタンスの材質に関係なく、タンスの荷造り作業においてもっとも重要なのは「引き出しの固定」です。中身が入っていようとなかろうと、搬出・搬入作業中に引き出しが飛び出してしまうことを防ぐ必要があります。

 

やり方としてはテープなどで留めてしまうのが一番簡単で確実です。
ただしこのとき粘着力の強いガムテープなどを使うと、剥がすときに跡が残ってしまったり塗装が剥がれてしまう場合があるため、粘着力の弱いものや、跡が残らないように作られている養生テープなどを使うのがおすすめです。荷造り用の養生テープはホームセンター等で簡単に手に入れることができます。

 

またプラスチック製のタンスには移動用のキャスターが付いていることが多いかと思います。これは引っ越し作業中に壊れてしまうおそれが非常に高いため、事前に必ず外しておいてください。

 

最後にプラスチックタンス・衣装ケース本体を毛布や梱包材で包めば完成です。これは引越し業者が用意してくれる場合もありますが、業者から依頼者本人がやるように言われているような場合は荷造りの一環として自分でやる必要があります。

 

 

なおプラスチック製以外の木製などのタンスの場合、梱包を素人がやるとタンス本体を傷めてしまうおそれもあるため、かならず業者の支持に従ってください。

 

プラスチック製のタンスや衣装ケースは自分で運べるか

結論から言うと十分可能です。
いずれも一般用の自家用車に積むことが出来るサイズであるため、引越し業者に依頼せずとも自分で運ぶことができます。ただしプラスチック製であることから運転中の衝撃でヒビなどが入ってしまうこともあるため、車内でしっかりと固定するか、毛布やエアパッキン(プチプチのシート)などで包んでおくことをおすすめします。

 

 

なお木製タンスや特に桐ダンスの場合は重量や大きさはもちろんですが、扱いが非常に難しいため、絶対に自分で運ぶことはやめ、熟練のプロに任せましょう。

 

まとめ

プラスチック製のタンスや衣装ケースは強度が低い分軽いことから、中身が衣類であればそのまま引越しをすることができます。引越しの際は必ず引き出しを固定し、キャスターを外した状態で当日に臨みましょう。これは自分で車を使って運ぶときにも同じです。木製タンスに比べて安価で消耗も激しいとはいえ、引越し中の家具の破損トラブルの解決は何かと面倒がかかってしまうため、自分で出来る限りの荷造りをし、少しでも安全に運べるように、もしくは運んでもらえるように準備をしておきましょう。