タンスのみ 引越し

 

突然ですが、あなたは

 

  • 引越しのタイミングでタンスを処分したい
  • タンスの処分方法が知りたい
  • せっかくならタンスを売ってしまいたいた

 

といった疑問や要望を持っていませんか?

 

これらの悩みを、元引越し業者が、すべて解決します!

*タンス引越しの激安料金を調べたいなら、こちらの記事がおすすめです。

 

【元引越し屋が暴露】タンスのみ引越し料金が安い方法は?

引越しでタンスを処分する方法

引越し業者の不用品回収サービスを利用する

 

引越し業者によっては、引越荷物の中にある不用品を回収するサービスを提供しているところがあります。もちろん不用品の回収だけを別の引越し業者に依頼することも可能ではありますが、引越し作業を依頼した業者にそのまま不用品回収も頼んでしまうほうが手間がかかりません。

 

不用品回収サービスが無料か有料オプションかは業者によって異なります。はじめから引越しプランの中に組み込まれている場合と、追加のオプションとして別に頼まなければならない場合によっても料金がかかるかどうかは変わってきます。追加オプションの場合はほとんどが有料であることに注意してください。

 

また引越し業者の中には不用品の引き取りだけでなく買い取りを行っているところもあるため、引越し費用の節約のためにそのような業者を探してみることもおすすめです。

 

引越し業者が不用品回収サービスを行っているかどうかは、見積もりの段階で確認しましょう。依頼するかどうかもここで相談します。個々の業者にそれぞれ問い合わせてもいいですが、一括見積もりサービスを利用すれば「不用品回収サービスがある業者」のように条件を設定して探すことができるため、非常に効率的です。

 

不用品回収業者に処分を依頼する

引越し業者ではありませんが、廃品回収など不用品の引き取りを専門に行う業者に処分を依頼する方法もあります。

 

不用品回収業者にタンスの処分を依頼する場合は、まず電話かメール・ウェブサイト経由で回収を申し込みます。そこで見積もりの日程を調整し、決まった見積もり日時にスタッフが訪問し、タンスの現物を確認して見積もりを出してもらいます。
そこで出た見積もり金額に納得ができれば、その場で引き続き回収日程を相談して決めます。処分料金の支払いは回収が完了したタイミングでスタッフに支払うことがほとんどです。

 

引越し業者の不用品回収サービスと同様、不用品回収の専門業者を探すのにも一括見積もりサービスを利用することができます。

 

不用品回収を専門に行う業者ではありませんが、「便利屋」と呼ばれる業者にタンスの処分を依頼することもできます。ご存知の方も多いかと思いますが、便利屋とはその名の通り作業時間×作業人数の料金であらゆる作業を請け負ってくれる業者のことです。

 

業者ごとに料金体系や申込方法の詳細は異なりますが、ほとんどの場合は電話かウェブサイトから希望の日時と作業内容(今回の場合はタンスの回収と処分)を伝えます。

 

便利屋に依頼する場合は料金に注意してください。厳密な見積もりがなく作業を行う場合がほとんであるため、作業にどのくらいの時間がかかるか、作業員は何人必要か、どの程度の車両が必要かなどが不明確で、あらかじめどの程度の料金で依頼できるかがわからない場合が多いのです。そのため最終的に支払い料金が思ったよりも高額になってしまう場合もあり、結果として自分で処分したほうが安上がり、ということもあり得ます。

 

リサイクルショップに売却する

 

不用なタンスを売却する一番メジャーな方法と言えば、やはりリサイクルショップでしょう。リサイクルショップは基本的に店頭に売りたいものを持ち込んでその場で査定をしてもらい、買い取ってもらうという方式です。ただタンスは大きさや重さの関係から自分で持っていくのが難しいため、リサイクルショップの出張買取サービスを利用する必要があります。

 

出張買取の詳細についてはリサイクルショップごとに大きく異なるため、まずは電話などで相談をしてみてください。

 

なお買取額については過度な期待は禁物です。高級なアンティーク家具でもない限り期待したほどの金額がつくことはまずありません。多少なりとも引越し費用の足しになれば、くらいの考えでいたほうがいいでしょう。

 

仮に値段がつかない=売り物としての価値がないと査定されてしまった場合でも、そのまま無料で引き取ってくれる場合もあります。こちらも事前にリサイクルショップに問い合わせておきましょう。

 

オークションサイトを使って売却する

 

ヤフオクやメルカリといったオークションサービスを利用することでもタンスの売却が可能です。
落札者のニーズと出品したタンスの価値がぴったり合えば、リサイクルショップで売るよりも高値で落札される可能性もゼロではありません。ただオークションを利用する際には以下のような点に注意してください。

  • 必ず落札されるとは限らない
  • オークションへの出品=落札が保証されるわけではありません。せっかく出品をしても一件も入札がないというのもよくあります。
  •  

  • 出品してから落札者へ郵送するまでの時間が予測できない
  • オークションの仕組み上、いつ落札されるかの予測が難しく、タンスが自分の手を離れるまでどのくらいの時間がかかるかの予測をすることが難しいというデメリットがあります。スケジュールがシビアな引越し前にはかなり大きな欠点と言えるでしょう。
  •  

  • 送料の負担が大きい
  • オークションサービスでは落札者へ品物を送る際の送料は、ほとんどの場合出品者が負担することになります。封筒程度で送れるものならば大した問題ではありませんが、タンスのような大型家具はそもそもの輸送量が高いため、落札金額によっては赤字になってしまうことも考えられます。
  •  

  • 個人間の取引であることから、トラブルの可能性がある
  • オークションサイトは個人同士で気軽に取引が出来るというメリットの反面、さまざまなトラブルの原因が潜んでいます。落札されてタンスを送ったのにお金が振り込まれない、相手からタンスの状態についてクレームが付くなどが考えられるでしょう。お金が振り込まれないというトラブルについてはオークションの運営側が対処してくれますが、タンス本体についてのクレームを避けるためには、商品説明のところに傷や痛みの詳細について記載をし「それを承知した上で買ってください」と注意書きを添えると良いでしょう。

 

オークションサイトを利用する場合の注意点はいくつかありましたが、もっとも重要なのは落札や送付のタイミング次第では引越しのスケジュールに大きな支障をきたすおそれがあるという点です。したがってオークションの利用は時間に余裕がある場合の方法として考えておくことをおすすめします。

 

友人・知人に譲る

一番気軽なのが友人や知人に譲るという方法です。ただし自分が引越しでタンスを処分したいタイミングと、知人・友人がタンスを必要としているタイミングが一致することが大前提となることに注意が必要です。

 

受け渡しの方法などについては当人同士でよく相談し、トラブルのないようにしましょう。

 

粗大ゴミとして捨てる

タンスクラスの家具は原則として粗大ゴミという扱いになります。粗大ゴミの出し方やルールは各自治体によってことなりますが、どのような場合も事前に有料の粗大ごみシールを購入し、タンス本体に貼り付けておかなければなりません。粗大ごみシールは処分する品目によって必要な枚数が変わることもあるため、必ず各自治体の決まりを確認してください。

 

また回収の方法には大きく2つのパターンがあります。
まずひとつ目は、「粗大ゴミの日」のように収集日がはじめから決まっており、シールを貼ったタンスをその日に収集場所に置いておけば回収してくれるというパターンです。

 

ふたつ目は特定の収集日が決まっておらず、自治体のゴミ担当課に回収を依頼するというものです。電話や自治体のウェブサイトから申し込むことができますが、予約できる日程に制限があることが多いため、引越しのスケジュールを確認しながら早めに申し込むことをおすすめします。

 

 

ゴミとして捨てる場合、自治体指定の方法を守らずにそのへんに捨てることは不法投棄となり、法律によって罰せられます。絶対にやめましょう。

 

タンスを少しでも高く売るためには

各種買い取りサービスやリサイクルショップ、オークションサイトなどでタンスを売却するとき、少しでも高く売るためにはどうすればいいのでしょうか。

 

何よりも大切なのは、可能な限り「タンスの見た目を良くする」ということです。つまり汚れを綺麗に拭いておくなどして状態をよくしておくということが大切です。ただしこれをしたからといって買取額が跳ね上げがることはまずありませんが、状態が悪いから買取額が下がるという事態は避けることができます。

 

またオークションを利用する場合は状態を良くすることで落札額が上がる可能性もあります。

 

ただしいずれの場合も過度な期待はくれぐれも禁物です。

 

まとめ

今回ご紹介した方法は、タンスに限らず引越しにおける不用品処分の全般に使えるテクニックです。タンスの場合は大きな家具であることから、特に車での引取サービスや郵送の際の送料などに注意が必要です。また粗大ゴミとして出す場合・オークションサービスを利用する場合は処分が完了する日程に特に注意してください。